2022/10/3-11/8の約1か月間の米国金利の動向。
ロシアの侵略が失敗し、成長率回復&インフレ低下がベストですが、景気の失速感からの「不景気の株高」や、住宅関連のインフレ減速からのターミナルレートの低下のシナリオもあるものの、逆イールドのまま不景気というシナリオも。

#金利 #株価

ベータ研究所では、グラフィックデザイナー(アルバイト)を募集しています。
新しい金融アプリのデザインに関する仕事です。
大学院生や大学生からの応募もお待ちしています。
週2~でOKです。国際的な雰囲気の職場で新作アプリのデザインなどをお願いします。
#デザイナー

https://baitonet.jp/job_2001858/

2022/9/1-10/4の米国金利の動向。9月は短期ゾーンの金利上昇に引きずられる形で、長期ゾーンも上昇。10/4、豪州の中央銀行は0.25%の利上げ決定。これは、予想されていた半分。世界経済の見通しの悪化を配慮とのことで、他の中央銀行による配慮への期待から、金利が低下。株価が幅広く上昇。#金利 #株価

2022/8/1-2022/9/1の米国金利の動向です。引き続き5年未満の短い年限で逆イールドのままであるものの、タカ派的なパウエル議長の姿勢を受けて5年以上の中長期のゾーンでも金利が上昇。インフレ懸念はあるものの、中立金利からの上昇は一定程度に留まり、中長期ゾーンの形状は引き続き非常にフラット。

Load More